HOME > くせ毛について > くせ毛と直毛の違い

くせ毛について

くせ毛と直毛の違い

乾燥
つや
手触り
形状

乾燥

直毛の毛髪とくせ毛では、髪のタンパク質構造に大きな違いがあります。

直毛の毛髪は、水分を含みやすいタンパク質「Oコルテックス」と、水分を含みにくいタンパク質「Pコルテックス」が均一に存在しているのに対して、くせ毛の毛髪はOコルテックスとPコルテックスが偏って存在しています。

これにより、髪全体の水分量は低くなり、また水分の不均一によりうねり、屈曲、捻れが生じ、空気中の湿度により大きく変化します。その結果、梅雨や雨の日の湿度でクセの出方が変わり、膨らんだり、うねったり、ぱさついたりして見えます。

つや

純粋な波状毛の人は比較的つやはあります(直毛ほどではありません)が、複合的なくせ毛やその他の種類ではつやがありません。

これは、単に水分不足だけではなく、表面が凹凸だったり、捻れていたり、うねっている事により、光が乱反射して起こります。直毛は、一定方向に光が反射します。

うねりは毛穴の曲がり具合による物が多く、形状(凹凸・連珠毛・捻れ・縮れ等)は、ホルモンの影響が強いといわれています。

手触り

つやと同じく、表面に凹凸、捻れ、屈曲、うねりがあり、ごわつき感やざらつき感が生まれています。

縮毛矯正とは、単に真っ直ぐにするというのではなく、この大きな違いをどれだけ修正するか、という事です。

まず、内部に髪の水分を出来るだけ保てるようにタンパク質や保湿剤などを補給し、閉じ込め、結びつかせ、外部的要因のいびつな髪や屈曲・捻れ・縮れ・凹凸を修正し、直毛の方と同じ質感に近づける事が重要です。

形状

直毛の髪の断面はほぼ円形に近いのに対して、くせ毛の髪の断面は、いびつだったり扁平だったり、楕円だったりします。


あなたはどのタイプ?くせ毛の種類
遺伝だけじゃない!くせ毛の原因とは!?

このページのトップへ